Wine Love

フランス France

フランスは、ほぼ全土でワインが生産されている。中でも最も有名な産地(アペラシオン)は、 南西部のボルドーと東部のブルゴーニュであり、北東部のシャンパーニュは発泡ワインの産地として知られる。この他に、 中部のロワール川や、南部のローヌ川沿いの地域がよく知られており、各地で固有のワインが生まれている。アルザスの ワインは白が主流で果実味が強く、ライン川を挟んで隣国のドイツのワインに近い。アルプス山脈沿いのサヴォワも同様 に白が中心である。

WHAT'S NEW

  • 13.10.12

    フランスサイト準備中

AREA

Bordeauxボルドー

フランスの三大ワイン産地として有名なボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュですが、 中でもボルドーの知名度は圧倒的。マルゴー、ラフィット、ラトゥールetc...!「ワイン産地といえばボルドー」 と言っても過言ではありません!味わいが濃厚で渋みが強いのが特徴。男性的なワイン。

Bourgogneブルゴーニュ

フランスワインを二分するボルドーとブルゴーニュ。ブルゴーニュワインは透明感のあるローズ色。 味わいも濃厚で渋みの強いボルドーとは違い、フルーティで酸味が強く繊細な味わいが特徴です。ボルドーワインと 比べると、女性的なワイン。あの一本100万円ロマネコンティはこの地域です!

Champagneシャンパーニュ

フランスワイン産地では最北にあり、厳しい気象条件。この地方のワインと言えば「シャンパン」。 「シャンパン」とは、このシャンパーニュ地方のワイン法に規定された条件を満たした「発泡ワイン」の事。ドンペリ、ヴーヴ・クリコ、ブリュット、クリュッグ などなど。またシャンパーニュでは、ヴィンテージが無いものが普通です。

Côtes du Rhôneコート デュ ローヌ

南フランスにあるローヌ川沿いに広がる。ボルドーに次いでフランス第2位の生産量を誇る 産地で、一言でその特徴を言い表すのが難しいほどバラエティ豊かなワインが多い。ボルドーやブルゴーニュに比べてローヌは 果実味が豊かで、ガツンと飲みごたえがある赤ワインが多く、どのワインもボルドーやブルゴーニュより安く買うことが出来る。

Loireロワール

現在も古城が点在するロワール地方は、ボルドー、ブルゴーニュと並ぶ、フランスの優れたワインの産地です。 豊かな自然環境の中で造られるロワールワインは、爽やかな香りと、ぶどうの風味を残したフレッシュな酸味が特徴。 料理と合わせやすく、特に魚介類との相性が良いことで知られています。また、ぶどうの新鮮さが保たれており、 そのフルーティーな味わいは、世界中で愛されています。

Alsaceアルザス

アルザス地方は、フランスとドイツの国境付近を流れるライン河付近に位置します。他のフランスの地方とは異なり、 ドイツの影響を大きく受けているだけあって、甘口の白ワインが多いのが特徴です。リースリングやトラミネール、ゲウルツトラミネール といったぶどうの品種から造られており、特にリースリングは、香りが高く、フルーティーな味わいを持っています。

Jura & Savoieジュラ&サヴォワ

ワインの産地としては、大きいわけではありませんが、辛口のヴァン・ジョーンや、甘口のヴァン・ドゥ・パイユ といった特殊なワインが生産されています。サヴォワ地方も、スイス国境に隣接する地方で、軽いタイプの白ワインがメインに造られています。 赤ワインはタンニンが少なく飲みやすいものが多く生産されています。南西地方には、リーズナブルな価格のワインが豊富に生産されています。

Provaence & Corseプロヴァンス&コルシカ

プロヴァンスは地中海性気候で気候に恵まれており、軽快なロゼワインが特徴です。 紀元前から葡萄が栽培さていますが、ワイン生産に関してはやや保守的な地域で、開発途上とも言われています。 コルシカ島ではニエルキオ(サンジョベーゼ)等、イタリア系の土着品種が主に栽培されており プロヴァンス同様、ワイン製造に関して開発途上といわれており、品質向上が期待されています。

Languedoc-Roussillonラングドック・ルーション

おいしいけれど肩がこらず、値段も手頃なワインを飲みたいと思ったら、ここにすれば当たり外れが少ない。 フランス最南端に位置するこの生産地は、スペインの国境から東はローヌ河口付近まで地中海が広がっている。主力は赤ワイン。 デイリータイプに加えて、高級志向ワイン作りを行う生産者も増え、格付けなどの型にはまらないバラエティに富んだ個性あるワイン 選びが楽しい。

Southwest南西地方

広大なボルドー地方とラングドック・ルーション地方に挟まれるようにしてある。ボルドースタイルの赤ワインが多いが、 辛口・甘口の白ワインも産される。最も有名な生産地域の中に、ベルジュラックがある。ほかの著名産地としてはカオールがあり、ここでは 南西地方で最も有名な赤ワインの一つが生産されている。ボルドー地方ではほとんど消えてしまった葡萄、マルベックがこの地では栄えている。 マルベックから造られたワインは、色の濃さが有名であり、カオールは昔から「黒ワイン」と呼ばれてきた。

Copyright © 2014 wine-love